いらっしゃいませ!手打ち蕎麦 「あかね」です!

アクセスカウンタ

zoom RSS 改善とメニューの追加!

<<   作成日時 : 2009/03/23 18:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7


今回、たくさんの方々から励ましのお言葉を頂きました。

ありがとうございます。

自分でも、こんなにたくさんの方々からいただけると思っていませんでしたので本当にうれしかったです。

これからも、様々なアドバイスなどをいただけるとうれしいです。

さて、今回、鴨のお蕎麦と、砂肝のお蕎麦ですが、作り方を少し変えました。

今までは、煮立たせたつゆの中に肉と葱を入れて煮ていたのですが、

今回は、肉と葱を、まず炒め、そこにつゆを入れることにしました。

それと盛り付けの際、三つ葉とゆずを載せます。

画像


ただ、三つ葉とゆずは、好き嫌いの分かれる食材ですので、ご注文いただいた際に

「三つ葉とゆずを入れるようになったのですが、よろしいでしょうか?」と聞くことにしています。

これでたぶん、大丈夫だと思います。

それと、実は先週メニューに載せようと思っていたものがあったのですが、こんなことがあったので

タイミングをずらしていましたが、水曜日辺りからメニューを増やします。

まずひとつは、

「小海老天のおろしぶっかけ蕎麦」

これは、かき揚げで使っている一口サイズの海老をてんぷらにし

冷たいお蕎麦の上に8個ほど載せます。そこに大根おろし、のり、かつをぶしなどを盛り付けます。

画像


こちらが1,000円とさせていただきます。

二つ目が、「揚げもちのおろしぶっかけ蕎麦」

素揚げしたおもちと大根おろし、梅干し、のり、かつをぶしを冷たいおそばに載せました。

こちらは、880円です。

最後に、「にしんそば」です。こちらはオーソドックスなニシンの甘露煮を載せた温かいお蕎麦です。

950円です。

あと、豆腐を使った冷たいお蕎麦もまもなくデビューさせられると思います。

ご期待下さい!

あ、それと!

ランチセットも作りました。平日のみですが、

ご飯と自家製豆腐、漬物で、200円としました。

少しずつでも、より良いお店にしていけるようこれからもがんばります!!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
売上げの落ち込みとか残される客様が増えたとかがなければ、お客様にとくに不満がみられないということですから問題はないとおもいます。

件の食べログの投稿者の他の店へのコメントを見てみましたが、この投稿者さんは、好き嫌いがはっきりしていて、味の表現もかなりユニークなかたのようです。ですからあまり気になさらない方がよろしいかと思います。気になるのであれば、このかたは円山「さくら庵」の鴨せいろを絶賛されているようなので食べに行ってみてはどうでしょう。

しかし、このかたが言っている「 でも行くんです。通りがかりに。なぜか行ってしまう・・・」って最高の褒め言葉ですね。理屈では説明できないような魅力が、あかねさんにあるっていうことですから。

ところで、柚子をお使いになりますか。これから春〜夏は値上がりするので大変ですね。
柚子は写真みたいにきれいに切りそろえるなんて手間をかけなくても、使う直前に、使う分だけ皮の表面をチョイとうすく削り取る「へぎ柚子」にするだけでも、香りがよろしいですよ。
鴨葱
2009/03/23 23:33
鴨葱さん
そうですね。あまり気にしすぎても良くないですよね。
ただ、こういう率直な感想に出会うことって、あまりないので
折角なので自分の中で少しオーバーに捉える様にして
対応してみました。
あまりこれが頻繁になってしまい、味が不安定になってしまうと
本末転倒ですが・・・。
ゆずについては、そうなんですよね。高いんです。。。
でも、これくらいはやらないと!
「へぎ柚子」ですか。。。
いいこと聞いちゃいました!ありがとうございます。
あかね
2009/03/24 22:26
またおじゃまします。
鴨南の臭み取りといえば、神田一茶庵の主人から聞いたやりかたを思い出しました。

神田一茶庵といっても、25年前に閉店した今はもう無い店ですので、ご存じないかもしれませんね。そこの主人は昭和天皇のお召し上がりになる御そばを打っていた人で、顧客には政財界の大物がたくさんいるような店でした。

ところで、その方法というのは、鴨肉は焼かないのです。まず吟醸酒をわかして鴨肉をしゃぶしゃぶみたいに、さっとくぐらせるんです。ねぎは鴨油で焼き色がつくまで焼き、吟醸酒で下茹でした鴨肉とを、汁で煮ますが、煮加減は火を通しすぎないようさっと軽くです。

たしかにこのやりかただと、臭みもないし柔らかいんですけど、なんというか、コクがないというか、何かもの足らないのです。淡味なものばかりお召し上がりになるような、やんごとないかたには、ちょうどいいのかもしれませんが、私のような庶民には合わないなって思いました。

結局、それぞれの店に、それぞれの店のお客の舌に合ったやりかたがある、ってことなんでしょうね。
鴨葱
2009/03/29 14:32
鴨葱さん
いろいろとありがとうございます。
吟醸酒でしゃぶしゃぶですか!!
早速試してみます。
いろいろなやり方がやはりあるんですね。
あかね
2009/03/30 23:13
試すのはいいけど絶対売り物にはなりませんよ。
普通の味覚の持ち主にとっては上品すぎて物足らないので。
鴨葱
2009/03/31 09:45
僕も件の食べログの投稿者のページを読みましたが、このネット時代なのでいろいろな情報発信の仕方や自分表現の自由さはある程度理解しているつもりなのです。が・・・。

「でも行くんです。通りがかりに。なぜか行ってしまう・・・同じこと思ってる人が周りにたくさんいて驚きました。」

この方はどういう手法で周りにたくさんいるということがわかったのでしょうか?まずいと言ってしまうことは簡単です。

その説明もなしに、自分のさじ加減でしかもネットというものすごく効率の良い方法でさらりと言ってしまうことにはある程度の発言責任があると思います。

それで、あかねさんにどうしてほしいのでしょうか?

なぜか行ってしまう。だなんて、表現が卑怯だと思います。
行きたいなら素直にその中でも好きなメニューをあげるなりして説明したらいいんです。

真剣に身を削って商売をしている人をバカにしているように感じます。

まずいなら食べに行かなきゃいい。

僕のように美味しいと思う人や食べてみたいという方が利用すべきです。
普通のあかねさんファン
2009/04/11 01:03
普通のあかねファンさん
ごめんなさい・・・返事が遅くなりまして・・・・

ありがとうございます。
うちみたいなお店でもたくさん応援してくれている方々がいらっしゃることが、今回改めてわかりました。
ネットの怖さも改めて実感しましたが・・・。

自分を見つめなおすいい機会だったと思っています。
手を抜かず、真剣勝負していれば、必ず応援してくれるお客様は
増えると信じています。

これからも応援よろしくお願いします。
あかね
2009/04/20 15:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
改善とメニューの追加! いらっしゃいませ!手打ち蕎麦 「あかね」です!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる